使用機材 その3:CarlMatin PlexiTone SingleChannel

※2018年9月17日に、私の以前のサイト「Free Time」に掲載したものをこちらに転載いたします。

デンマークのメーカー CARL MARTINの歪みモノ

マーシャルの歪みチャンネルを再現したディストーションらしいです。

マーシャルアンプを歪ませて弾いたことがないので、似てるのかどうかはわかりません(w

でも、「あぁ、アンプを歪ませるとこんな感じなんだろうね〜」と思わせる深い歪みは心地良いです。

コードを弾いても潰れることなく、上から下までギラ〜〜ン!と鳴ってくれます。
ソロを粘っこく弾いてもしっかり着いて来るし、質の良い歪み。

低音弦をミュート気味にピッキングすると、ゴン!とボトムが効いた音が出て気持ち良いです。

Driveを0にしても、少し歪んでクランチ気味。
Toneは、少しだけ絞り気味で、10時〜12時の間でセットするのが無難な気がします。

個人的には、サスティンの効く歪みモノがほしい!という思いだったので、そこはもうバッチリ!
試奏したときに、ギュ〜ンと伸びる音が出た時点で「買いだ!」と決めました(w

シングルコイルでもバッチリ歪みますが、ややトレブリーかな・・・
ハムのピックアップなら、見事な歪みを聞かせてくれます。
フロントピックアップの音も潰れることなく、リードにもってこいの抜けの良い音が出せます。

あと、少しノイズが大きいかな、、、

ボトムがしっかり出るのと高域が少しギラつき気味なので、TONEやアンプのセッティングで中域に気をつけないと、ちょいドンシャリ気味になりそうな気配もあります。

製造が中国ということもあって、海外メーカーの割にお手頃かな。
ただし、筐体の質感がややチープなのは、致しかたないのかな・・・とも。

電池は内臓できないので、ボードに組み込んで電源を供給する必要あります。
ボードに組み込むべきなのに、本体底面にラバーっぽい処理がされてるのはちょっと不便。

私は、マジックテープに裏蓋のビスを通す穴をあけて本体に固定し、ボードに貼り付けました。

いかにもディストーション!なエフェクターって好きじゃないのでこれまで導入を避けてきたのですが、これは芯のあるしっかりした音でなおかつ深く歪むので、これから大活躍する予定です(w

アンプライクな歪みが1つほしい!って人にはぜひ試奏してもらいたいペダルです♪
おすすめ!!

下の動画のうち、上の方は私が試しに弾いてみた音です。
ライン録りですが、mooerのスピーカーシミュレータRADARを通しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Mooer Radar スピーカーシミュレーター エフェクター
価格:14904円(税込、送料無料) (2019/5/15時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CARL MARTIN Plexi Tone SINGLE CHANNEL ギターエフェクター
価格:16800円(税込、送料無料) (2019/4/9時点)


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。