PRS CE24 JP Limted

元々ストラト系が好みで、これまでもストラトタイプのギターが中心でした。
しかし、どうしてもハムバッカーのギターサウンドが欲しくて、一時期、セミアコも使っていました。

ライブや練習で2本持っていくのはさすがに大変・・・
どちらかを割り切って使うしかなったのがいつも残念で^^;

で、もう面倒だから何にでも合いそうなギター1本にしたいぞ!って思ったわけです。

いろいろ探してて、たどり着いたのがPaulReedSmith(以下PRS)のギターでした。

このメーカー・・・価格が高いことで有名。
もちろん、USA製じゃない10万以下の安価なシリーズもあるんですが、なんか違うような気がして(w

とはいえ、さすがに30万も40万もするようなものは買えないので、あきらめかけてたら、2年前に発売されてたCE24 JapanLimitedというのが、アウトレット的な扱いで、かなりお安く売ってたのです。

お安く・・・といっても、16万以上してたので、「安価」ではないですよね(w
でも、手持ちのギター2本を売ったらちょうどその金額になったので、思い切って買うことにしたのです(w

トップはメイプル。バックはアルダー。
艶ナシのサテン仕上げ。
とても軽くて、生音がよく鳴るんですよね。

ボディがアルダーということが起因してるのか、出てくる音もちょっとストラトっぽい感じもあって、ほんとに、レスポール系とストラトの間という感じ。

トーンポッドがピックアップのタップ切り替えになってて、シングルコイルの音も出る。

弾きやすいし、クリーンはしっかりした癖のない音が出る。
歪もきれいに乗る。

大げさかもしれないけど、ほんとに万能な1本という印象です。

同じモデルは、もう製造されてないと思いますが、あまり売れてないのかまだ在庫されてるショップもあるようです。

当分、この1本だけで活動しようと思っています^^


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。