MAD PROFESSOR Mighty Red Distortion

MAD PROFESSOR の定番ディストーション Mighty Red Distortion
私が購入したのは、NEW(廉価)バージョン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

MAD PROFESSOR Mighty Red Distortion FAC【チョイキズ特価】
価格:19224円(税込、送料別) (2019/9/10時点)

楽天で購入

 

 

ハンドワイヤリングの高級版はかなり高価なので、おそらく私の場合、候補にも挙げないと思います(w

さらに、私が購入したのは、本体に傷がけっこうある相当値引きされた中古品。
試奏したところ、スイッチやノブなどに不具合はなく、音もなんの問題もなく、価格の安さに惹かれて買っちゃったわけです。

ハンドワイヤリング版に比べて音がどう違うのかは不明ですが、少なくとも出音になんら遜色はないだろうことは想像できます。

特色としては、芯のある中域に支えられ、非常に伸びのある歪が得られること。
ディストーションだけど、ゲインはそれほど高くなく、ヘビメタ系には使いにくいかも。。。

私は、オーバードライブが歪のメインなので、ディストーションでガラっとキャラクターが変わると使いにくいのですが、Mighty Red Distortionは中域が強いので、切り替えたときも不自然さが少なくて使いやすいと感じます。

もちろん、手前にブースターやオーバードライブを入れてやると、もっとハイゲインにできますが、私は単体で十分な歪だと思っています。

音質は、TONEではなく、PRESENCEになっています。
実際、高域のコントロールな感じで、上げても下げても中域のキャラクターはあまり変わりません。
これはとても実用的で、ギラツキの具合を調整できるので、アンプの違いなどで生じる微調整に最適な気がしました。

とにかく、ピッキングのニュアンスにしっかり反応してくれることや、アンサンブルに埋もれにくい芯のあるサウンドは、さすがのディストーションではないでしょうか。

やや優等生的な感じが好みの分かれるところかもしれませんが・・・


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。